おすすめカジノランキング

オンラインカジノビギナーの為の攻略サイト

人気のオンラインカジノランキングはコチラ

【徹底比較】国内FXと海外FXの違いとは?選び方は?初心者向けに解説!

初めてFXを始めようと思うと、大半の人がまず証券会社の多さに驚くのではないでしょうか。 

日本国内の証券会社だけでも数えきれないほどありますし、それに加えて海外FX業者も数多くあるので、FX初心者の方は一体どの証券会社を選んだらいいのか迷ってしまうという場合が多いようです。

そこで今回はまず日本国内のFX業者と海外FX業者ではどのような違いがあるのか、FX初心者の方向けに解説していきます。

国内FX業者の特徴

ではまず、日本国内FX業者の特徴についてご紹介していきます。

国内のFX業者は金融庁に定められたルールのもとに行わないといけないので、比較的厳しくなっています。その分安心感もあると言えるでしょう。

入出金が簡単

国内FXだと当然ですが、運用資金の入金や利益の出金の際に普通銀行口座で簡単にできるので、とても便利です。もちろん海外送金でも慣れればすぐにできるのですが、どうしても時間がかかってしまったりするので、そういった点では国内口座の方が簡単で便利です。

スプレッド幅が狭い

国内FX業者は海外FX業者よりもスプレッド幅が狭いです。

スプレッド幅とは、簡単にいうと証券会社にお支払いする手数料になります。つまり、海外FX業者と比べると国内FX業者の方が証券会社への手数料が少ないということですね。そのため、その分の利益がとりやすくなります。

海外FX業者の特徴

次に、海外FX業者の特徴をご紹介します。海外のFX業者は国内FXに比べて証券会社の自由度が高いため、より利益を出しやすい設定にすることも可能です。

レバレッジが高い場合が多い

国内FX業者の場合は最大レバレッジは25倍までと決められています。それに対して、海外FXの場合は最大1000倍程度のレバレッジが可能となっています。最大レバレッジは証券会社によって異なりますが、ほとんどの海外の証券会社は400~800倍となっています。レバレッジが高いということは、その分小さな資本で大きな利益を狙うことができます

ゼロカットシステムがある

海外FXの場合、ほとんどの業者が万が一ロスカットに合った時に、投資者が大きな損失を被らないでいいように、口座を0にしてくれる0カットシステムを採用しています。そのため、もし急な相場に遭遇しても運用資金以上の損失が出ることはないため、安心して取引を行うことができます。

入金ボーナスが豊富

海外FXでは、口座開設を促すためにさまざまなキャンペーンを行っています。たとえば入金をしたらその額が2倍になるキャンペーンなどがよく行われています。そのボーナスは引き出すことはできませんが、証拠金を増やして運用ができるのでその分利益を増やしやすい状況を作ることができます。

まとめ

いかがでしたか?国内FX業者と海外FX業者では、それぞれ特徴がありどちらにもメリット・デメリットが存在します。自分に合った証券会社を探して口座開設をすると、より堅実な運用をすることができるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました